半蔵門心療クリニック
HOME 診療内容 クリニック紹介 診療時間 アクセス
 
カウンセリング メンタルヘルスコンサルタントについて お知らせ
医師紹介
平澤伸一  戸田麻里
一橋大学経済学部1970年卒業
千葉大学医学部1977年卒業
東京女子医科大学(神経精神科)元助教授
東京厚生年金病院神経科部長2008年定年退職
精神保健指定医

神経症・躁うつ症・統合失調症などの臨床精神病理学、人間学的基礎に関する諸論文。共訳書に生命哲学者L.クラーゲス「心情の敵対者としての精神」(2008年うぶすな書院)、同「意識の本質」(2009年同書院)、同「リズムの本質」(2012年同書院)、同「精神と生命」(2012年同書院) 、同「ニーチェの心理学的業績」(2014年同書院)

東京女子医科大学医学部1983年卒業
東京厚生年金病院神経科医長2008年退職
精神保健指定医
総合病院精神医学会認定医
日本精神神経学会精神科専門医

臨床心理士(カウンセラー)紹介


受付


 
稲田 優磨 月曜日
略歴: 大学院卒業後、リハビリ病院、精神科クリニック、スクールカウンセラーとして勤務
領域: 思春期、青年期、成人
担当: 心理療法、心理検査
所属: 日本臨床心理学会、日本心理臨床学会
メッセージ:精神科クリニック、公立中学校・高等学校で、心理面接や心理検査を担当させていただいております。過去には、人生半ばで身体に障がいを負った方とその家族への心理支援にも、携わらせていただきました。相談にいらした方が、自分らしく歩んでいけるようお手伝いしていければと思っております。
 
齊藤 圭 火曜日
略歴: 大学院修了後、精神科クリニック、大学の学生相談室や小中学校にて、心理療法と心理査定を中心に行っている。
領域: 児童、青年期、成人、発達障害
担当: 心理検査、心理療法
所属: 日本心理臨床学会、日本臨床心理士会
メッセージ:大学の学生相談室や精神科クリニックにて、学生や成人の方の心理療法、及び心理検査を担当しています。また、小中学校に通うお子さんをお持ちの保護者を対象とした相談もおこなっています。共に考える相手として、ご自分らしくいられる場として、お役に立てることを願っております。
 
古田雅明 水曜日午前 (産業メンタルヘルス支援部門 担当)
略歴: 大学卒業後、サラリーマン経験をしてから大学院で臨床心理学を学ぶ。総合病院、大学付属の臨床心理センター、大学生の相談、子育て支援、各種心理検査など行っている。
領域: 青年期、成人、家族相談、産業メンタルヘルス、リワークプログラム
担当: 心理療法、心理検査、コンサルテーション
所属: 日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本学生相談学会、日本ロールシャッハ学会、日本心理学会、日本臨床心理士会、東京臨床心理士会
メッセージ:サラリーマン経験をしてから大学院に戻って臨床心理学を学びました。その経験を活かして、働き盛りのサラリーマンの方のサポートを中心に行っておりますが、これまでに総合病院の精神科や大学付属の臨床心理センター、大学生の相談、子育て中の親の面接などさまざまな臨床を経験してきました。多忙を極め、こころにゆとりを持ちにくい世代の方々にご自分の豊かなワークライフのためにも、内的世界への自己投資をお勧めします。
 
長神淑子 水曜日午後
略歴: 大学院卒業後、都内の大学病院精神科にて、主に心理検査や心理療法に従事。同時に、大学の学生相談室や保健センターで、大学生と保護者および教職員の方たちの支援や相談に携わる。
領域: 思春期、青年期、成人
担当: 心理検査、心理療法
所属: 日本心理臨床学会、日本認知療法学会、日本学生相談学会、日本EMDR学会、日本臨床催眠学会、日本ロールシャッハ学会
メッセージ:大学院卒業後15年ほど、都内の大学病院精神科に臨床心理士として心理検査や心理療法に従事いたしました。その他、大学の学生相談室や保健センターで、大学生と保護者および教職員の方たちの支援や相談に携わってきました。カウンセリングでは、出来るだけ相談にいらした方のお役に立てるよう、その方のニーズに合ったサポートを行いたいと思っています。特定の技法にこだわることはありませんが、ご希望があれば、トラウマ治療としてのEMDRなど行うことが出来ます。
 
橋爪龍太郎 木曜日
略歴: 精神科病院・クリニックを経て、大学付属心理相談室に勤務
領域: 青年期・成人期、復職支援
担当: 心理療法、心理査定
所属: 日本心理臨床学会、日本精神分析学会、日本認知療法学会
メッセージ:精神科病院に15年間勤務した後、現在は大学付属心理相談センターで後進の指導にあたっています。カウンセリングでは、力動的心理療法を中心に、CBTやSST、心理教育、ペアトレなどを必要に応じて取り入れています。相談者の大変さ・生き辛さが、今より少しでも軽くなるように一緒に考えていきます。
 
鍋谷聡子 金曜日
略歴: 大学院修了後、教育相談、大学の学生相談室、スクールカウンセラーとして小・中学校、精神科クリニックにて心理療法と心理検査を行っている。
領域: 児童、思春期、青年期、成人
担当: 心理療法、心理検査
所属: 日本心理臨床学会、日本学生相談学会、日本臨床心理士会、東京臨床心理士会
メッセージ:主に教育の現場で小学生から大学生とその保護者の方を対象とした心理面接を行ってきました。現在では、大学付属の心理相談センターにて、ワークライフバランスについて学んでいます。忙しさに追われる日々でも気持ちに潤いと彩りを保てるようにお手伝いしていきたいと思っております。
ページトップへ